水没だー!!!

ココを見る方はすでに水没を・・・している方ですね・・・
起きてしまった事は仕方ありません!! 対処しましょう!!

 

1,電源は入れない

電源は絶対に入れないでください!ついつい電源が入るか確認したくなる気持ちはわかりますが、そこをグッと我慢してください!※水没後も電源が入っている場合は電源を切って下さい。
電源をいれることで漏電、ショートを起こします。特に様々な部品と接続している配線関係に重大なダメージを与えます。充電なんてもってのほか!絶対に充電しないでください!電源を入れる以上にキケンです!!
電源をいれたり、充電することで水没したiPhone内で通電が始まり、各部品の漏電を促進させる結果となります。配線の接続部分がショートし焦げ付いてしまいます。

2,暖めない

乾燥させようとドライヤーなどで熱する行為は逆効果です!内部まで乾燥できませんし、蒸発した水分がiPhone全体に行き渡り、結果的に全体を浸水させてしまいます。
3,振らない

iPhone内部の水を少しでも外に出そうと振る行為も厳禁です!浸水していない部品にまで水分を行き渡らせる結果になります。気持ちはわかりますがここは我慢です。

 

☆正しい水没時の対策☆

1 カバー類はすぐに外しましょう
2 SIMカードを抜いてティッシュなどで水分を拭き取り、紛失しないように保管しましょう
3 ヘッドフォン端子、充電コネクタの水分をコヨリにしたティッシュで拭き取りましょう
4 本体をティッシュ等にくるんで水分を十分拭き取りましょう
6 充分拭き取れたら、ジップロップなどに乾燥剤と一緒に入れて出来る限り急いで修理店に相談して下さい。

※あくまでも応急処置にですし【絶対】はありません。とにかく大事なデータが壊れる(なくなる)前に急いで修理店に相談して下さい。ネットで水没対策はたくさんありますが、全て自己責任になります。

 

修理価格一覧